摂食障害に対する歯科的アプローチの方法

여러분 안녕하세요!

북구 아카바네의 "나가 누마 치과"입니다.

 

心理的な要因が関係して嘔吐を繰り返すことを摂食障害といいます。

摂食障害が起きるとしばしば口腔へも症状が見られます。そこで今回は摂食障害に対する歯科的アプローチについて紹介していきます。

 

  • 入れ歯の使用

摂食障害で頻回に嘔吐が見られる患者様は歯が胃酸で溶けていることがあります。

このような状況では咀嚼しにくくなるだけでなく、知覚過敏のような症状も見られることがあります。

 

そンなときは入れ歯を使用して歯の代わりとします。

 

また、胃酸に曝された歯は表面が柔らかくなっています。

このような状態で歯ブラシをすると歯が削れてしまうため、一度胃酸を洗い流してから歯磨きをするようにしましょう。

 

摂食障害には心療内科の先生や精神科の先生の介入が必要ですが、歯科医師も意外な形でサポートさせていただいております。

摂食障害でお口のトラブルにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

관련 기사

  1. 하얀 치아가 타인에게 미치는 영향은? 젊고 보이고 싶다면 화이트닝 ...

  2. 口呼吸で虫歯リスクが増加!鼻呼吸をしましょう

  3. 치아가 노랗게되는 원인은 무엇? 원인을 파악하고 치아의 흰색을 유지합시다 ...

  4. 치아를 잃지 않기 위하여 스프린트 치료! 악물다에서 치아를 보호하세요 ...

  5. 임플란트와 브릿지의 차이점은 무엇인가? 기능면에서 각각을 비교 ...

  6. 便利になる世の中で人出は必要?すべて機械でできるとは思いませ…

페이지 상단